TOP > 情報工学
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
情報工学
 
LEGO Mindstorms NXTで目指せロボコン!
NXT-SWによる実践ロボットプログラミング

book

発売日:2014.7.31発売
希望小売価格:本体1,300円+税

 

iBooks Author(Apple)の機能を駆使した、全く新しい電子書籍!!

 書籍『実践ロボットプログラミング』を、NXT-SW編・NXC編の2つに分けて、iBooks Authorで作られた、まったく新しい電子書籍です。
 NXT-SW編ではiBooks Authorのマルチタップブック機能を使ってプログラムの入れ子や階層構造が立体的・視覚的に分かるよう工夫してあり、今までにない分かりやすさでプログラムが理解できます。
 NXT-SW編、NXC編共に、インタラクティブ機能を使い、マインドストームの実走ムービーや、ロボサッカーなどの動画を本文中に入れてあり、自分で製作したロボットの動きを動画と確認しながら読み進めることが出来ます。さらに、マインドストームの組立て後の姿などを3Dで表示しているので、立体的に確認して組立て、試走することが出来るよう工夫してあります。
 また、ものづくりの基本サイクルであるPDSサイクル、アイディア産出やグループ作業のコツなど競技大会で役立つ知識にも触れており、まさに体験的に楽しみながら、マインドストームプログラミング学ぶ事のできる全く新しい電子書籍です。

NXC編はこちら
書籍はこちら

※iBooksテキストブックにつきましては、こちらでご確認ください。
※iBooks Authorにつきましては、こちらでご確認ください。
※iBooks、iTunesは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

 
著者 藤吉 弘亘(中部大学工学部)
藤井 隆司(中部大学工学部)
鈴木 裕利(中部大学工学部)
石井 成郎(愛知きわみ看護短期大学)
ページ数 190
ISBN 978-4-7649-7000-7
     
 
主要目次

第1章 ロボット
 1.1 ロボットとは
 1.2 ロボットの歴史
 1.3 ロボットの形態とその応用
 ■演習問題

第2章 プログラミングとは
 2.1 プログラムとアルゴリズム
 2.2 プログラムの設計図
 2.3 コンピュータが理解できる言語
 2.4 C言語の文法
 ■演習問題

第3章 LEGOロボットをプログラムしよう(準備編)
 3.1 LEGO Mindstormsについて
 3.2 プログラムを作成するには
 3.3 音を鳴らしてみよう
 3.4 プログラムを実行してみよう
 ■演習問題

 第4章 LEGOロボットをプログラムしよう(基礎編)
 4.1 ロボットの組み立て
 4・2 ロボットを前進させるには(モータ制御1)
 4・3 ロボットを回転させるには(モータ制御2)
 ■演習問題
 4.4 障害物回避
 ■演習問題
 4.5 ライントレース
 ■演習問題

第5章 LEGOロボットをプログラムしよう(応用編)
 5.1 ディスプレイ表示
 5.2 効率の良いプログラムをつくるには
 5.3 配列を利用したロボットの教示と再生
 5.4 シングルタスクと並列タスク
 ■演習問題

第6章 ロボット大会に参加しよう(ライントレース競技編)
 6.1 自律型ロボット競技WRO
 6.2 競技について
 6.3 競技ロボットを考えよう
 6.4 競技ロボットを作ろう
 6.5 競技ロボットの完成
 6.6 競技会に参加しよう

 第7章 ロボット大会に参加しよう(サッカー競技編)
 7.1 LEGOロボットでサッカーをしよう
 7.2 サッカーロボットの作成
 7.3 サッカーロボットのプログラム設計
 7.4 基本動作
 7.5 状況判断によるサッカーロボット
 7.6 キーパー
 7.7 対戦,問題点の抽出
 7.8 強いサッカーロボットを作るには
 ■演習問題

 第8章 ロボット作り上達のために
 8.1 おもしろいロボットを考えよう
 8.2 グループで協力して作ろう
 8.3 ロボット作りのサイクル

第9章 コース攻略法を考えよう(モデリング入門)
 9.1 モデリングとは
 9.2 初心者のためのモデリング入門(UML-B)
 9,3 コース攻略をモデリング
 9.4 作成したモデルを評価しよう
 9.5 ディティールPADとコーディング
 9.6 モデリングのまとめ
 ■演習問題

第10章 リフレクションしよう
 10.1 リフレクションとは
 10.2 作成中のリフレクション(作業記録の作成)
 10.3 作業記録のポイント
 10.4 作成後のリフレクション(プロセスチャートの作成)
 10.5 おわりに(学習内容のリフレクション)

用語集

 コラム1  ロボットは何ができるの?
 コラム2  きれいなプログラム
 コラム3  ジャイロセンサ
 コラム4  中身はどうなってるの?(センサ編)
 コラム5  中身はどうなってるの?(NXT,モータ編)
 コラム6  メロディを奏でよう♪
 コラム7  CUIとGUI
 コラム8  センサの値を簡単に調べるには?
 コラム9  ビジュアルフィードバック制御
 コラム10 ロボット作りの上級者はここが違う
 コラム11 UMLとUML-B
 コラム12 インターネットを利用した作業記録

トップへ
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.