TOP > 科学一般
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
科学一般
 
一人称研究のすすめ
知能研究の新しい潮流

book

発売日:2014年4月28日
定価:本体2,700円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

kindleで電子書籍を購入

 

研究と学びの新たなる地平!

 「知」を研究対象とする著者ら人工知能研究者は今までの客観性を第一義とし、多数の中から普遍性を求める研究手法のみでは「知」を攻略することはほぼ難しいと考えるにいたった。
 「知」は個人の中に内在するため、その文脈の中で語られてこそ本質を理解することができる。すなわち、「一人称」が研究のスタートとなる。これを積み上げることで「知」の攻略につなげられると考える。
 本書は、この一人称研究の考え方と、実際の研究事例を丁寧な語り口で解き明かす。人工知能に興味のある読者はもちろん、新たな研究姿勢を模索する理工学、人文系の読者も興味を持って読むことができる。

 
編著 諏訪 正樹(慶應義塾大学教授)
堀 浩一(東京大学教授・前人工知能学会会長)
共著 伊藤 毅志・松原 仁・阿部 明典・大武 美保子
松尾 豊・藤井 晴行・中島 秀之
ページ数 264
サイズ A5
ISBN 978-4-7649-0481-1
     
主要目次

第一部 知のどんな姿を明らかにしたいか?
 第一章 一人称研究だからこそ見出せる知の本質
 第二章 突き抜ける人の思考―羽生善治氏の将棋観
 第三章 ことばを創造する知― 一度限りの感性
 第四章 健康を育む知―高齢者の会話
第二部 どのように知の研究をしたいか?
  第五章 研究という営みを自省する
  第六章 知をデザインする
  第七章 客観至上主義を疑ってみる
  第八章 知の研究のスペクトラムを拡げる―人工知能研究の方法
第三部 一人称研究にまつわるQ&A

 
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.