近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

工学

事例に見る 地盤の液状化対策被害を防止・修復する工法

著者, 編集, 企画・原案 米倉 亮三
著者, 編集 小林 精二
著者 井出 政憲
著者 岡田 進
著者 高坂 信章
著者 近藤 義正
著者 佐々木 隆光
著者 高橋 強
著者 手塚 広明
著者 仲家 純次

第一線で活躍する技術者が,液状化のメカニズムと,被害防止・修復のための実際的な対策工法を,事例を示しながら解説する。

紙の書籍¥3,500定価(税別)

基本情報

発売日 2013年3月8日
ページ数 272 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764904392
ジャンル 工学
タグ 土木

主要目次

1 地盤の液状化
液状化の現象/液状化の原理と対策/地震のタイプと大きさ/
地震により地盤に働くせん断応力/地盤が液状化を起こすかどうかの判定
液状化を防止するための目標値

2 液状化対策工法
密度を高める工法/水を抜く工法/地盤を固結する工法/壁体を設置する工法

3 液状化対策工法の選定
液状化対策工法を採用するときの基本的注意事項
液状化対策各工法一覧および工法実施団体

目次をさらに表示する

サポート