近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

万能コンピュータライプニッツからチューリングへの道すじ

原著 マーティン デイビス
翻訳 沼田 寛

コンピュータ前史
 ライプニッツからチューリングに至る数理論理学の系譜は,コンピュータの理論的バックボーンを形成しAIの登場までも予見している.代数の記号表現を通じて人間の思考の範囲すべてを包括するような記号体系の構築に献身したロジシャンたちの苦闘を,時代背景を取り込みながら解説する.さらに本書を構成する7人のロジシャンたちを,豊富なエピソードをもとにその人となりを描写する.
 また,本文に取り込むと冗長になりすぎる数学的解説は,原註に取り込むことで半独立的な構成としている.
 比較的平易に書かれているので,コンピュータロジックの成り立ちに関心のある高校生以上の読者や,人工知能のロジックの成り立ちに関心のある読者にも必携の書である.

電子書籍¥3,600 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥3,600定価(税別)

基本情報

発売日 2016年12月1日
ページ数 264 ページ ※印刷物
サイズ
ISBN 9784764904712
ジャンル 情報
タグ コンピュータ, 教養

主要目次

第1章 ライプニッツの夢
第2章 論理を代数に変換したブール
第3章 フレーゲ:画期的達成から絶望へ
第4章 無限を巡り歩いたカントル
第5章 ヒルベルトの救済プログラム
第6章 ヒルベルトの計画を転覆させたゲーデル
第7章 汎用計算機を構想したチューリング
第8章 万能計算機の現実化
第9章 ライプニッツの夢を超えて

目次をさらに表示する