近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

新装版 微分積分学入門 第一課

著者 一松 信

一松先生の名著『微分積分学入門第一課』の新装版である。同書は刊行以来、数多くの大学、高専などでご採用され、また、演習問題の証明などの解答も丁寧に書かれているので、独学でも学ぶことができる。
高校数学から始め、基礎理論と計算技法を整理して書いてあるので、理論が理解出来ていないのか、技法でつまずいているのかが分かるよう工夫してある。微分積分を学ぶ初学者には最適の書である。

紙の書籍¥2,000定価(税別)

基本情報

発売日 2016年6月1日
ページ数 200 ページ ※印刷物
サイズ 46
ISBN 9784764905122
ジャンル 数学
タグ 微分積分

主要目次

第1部 基礎理論
1.面積を求めて
2.関数値の変化
3.微分と積分の逆関係
4.微分積分の応用)
第2部 計算技法
5.微分法の基本公式
6.微分の計算
7.積分の計算のための準備
8.積分の計算

目次をさらに表示する