近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

工学

薬液注入の長期耐久性と恒久グラウト本設注入工法の設計施工環境保全型液状化対策工と品質管理

著者 米倉 亮三
著者 島田 俊介

 地盤改良技術の一つに、地中の土粒子の間に薬液を注入して地盤を固結する「薬液注入」という手法がある。技術の発展を経て、現在では液状化対策工をはじめとする本設工にも対応可能となった。これが「恒久グラウト本設工法」である。
 本書は、30年以上にわたり本工法を研究開発・改良してきた著者らによる解説・実務書である。これまでの研究開発の持続的流れと、最近の施工の実際、今後の新規市場への発展について、「材料・工法・環境」を柱としてまとめている。

電子書籍¥4,200 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥4,200定価(税別)

基本情報

発売日 2016年10月14日
ページ数 336 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764905214
ジャンル 工学
タグ 建築

主要目次

第1 章 総論
第2 章 薬液注入工法
第3 章 シリカ系グラウトの長期耐久性
第4 章 恒久グラウト・本設注入工法のコンセプトと本設注入試験センター
第5 章 恒久グラウト
第6 章 環境保全性
第7 章 恒久グラウト注入工法の種類と特徴
第8 章 薬液注入による固結土の耐震的性質と活性複合シリカを用いた改良土の液状化強度と改良効果の確認
第9 章 恒久グラウト注入工法による液状化対策工の設計施工と品質管理
第10 章 東日本大震災における活性複合シリカコロイドを用いた急速浸透注入工法施工地盤の追跡調査報告
第11 章 恒久グラウト施工事例
第12 章 新規技術への応用

目次をさらに表示する

サポート