近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

実践・自然言語処理シリーズ 第2巻

形態素解析の理論と実装

著者 工藤 拓

あの工藤 拓が具体的に解説 !!
本書は,汎用形態素解析システムMeCabを開発した著者が、言語において意味を成す最小の要素である「形態素」の解析方法について,技術者向けにその理論や実装方法を網羅的,体系的に解説する.実装や高速化なども扱う点がユニークであるが、辞書やコーパスなどの言語資源の構築・利用といった形態素解析では外せないテーマもきちんと解説している.
本書を読めば,解析ツールを「ブラックボックス」として使っている人も中身を理解したうえで拡張・改良できる道筋ができ,ひいては独自の辞書の作成を目指せるようになる.C++11を使った具体的な実装方法も掲載.AI・自然言語処理関係の技術者,研究者には必携の書である.

電子書籍¥3,500 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥3,500定価(税別)

基本情報

発売日 2018年10月4日
ページ数 204 ページ ※印刷物
サイズ B5 変形
ISBN 9784764905771
ジャンル 情報
タグ 自然言語処理

主要目次

1.形態素解析の概要
2.言語資源
3.テキスト処理の基礎
4.辞書引きアルゴリズム
5.最小コスト法
6.点予測
7.未知語処理
8.評価
9.高度な解析

目次をさらに表示する