近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

工学

知能はどこから生まれるのか?

著者 大須賀 公一

「知能の源泉」は本当に脳にあるの?
AIが注目を集め、人間を超える人工物の開発が目指されている今日この頃。しかし実は、自然界には脳がなくても賢くふるまう生き物がたくさんいる。いったい、どういうことなのだろうか!?
著者は専門である制御工学の研究を通じ、「知能の源は、環境との相互作用にあるのでは?」という仮説に至った。そして、「現象学」という哲学思想を取り入れて論拠を固め、さらに、生き物っぽく動く「ムカデロボット」を作り、その実証を試みる。本書は、その軌跡の記録である。
わかりやすく親しみやすい文体は、思わず次の頁をめくらせる。また、ところどころにQRコードを配し、手軽に動画を見られるよう工夫した。
人工知能、知能、制御に関心のある読者はもちろん、現象学に関心のある読者にも、お勧めの1冊である。

電子書籍¥2,300 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,300定価(税別)

基本情報

発売日 2018年12月13日
ページ数 192 ページ ※印刷物
サイズ A5 変形
ISBN 9784764905818
ジャンル 工学
タグ 教養

主要目次

1.旅の始まり
2.知能はどこにあるのか
3.制御の「メガネ」で知を見る
4.制御の「技」を身につける
5.奥義「陰陽制御」
6.i-CentiPotで知の謎を解く
7.旅の終わりと新たな始まり

目次をさらに表示する