近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

裏側から視るAI脅威・歴史・倫理

著者 中川 裕志

AIと人間社会の現実と未来を研究する!
本書は著者が所属する理研・革新知能総合研究センター 社会における人工知能研究グループの成果をもとに、AI の負の側面の紹介とAI設計・運用における倫理指針を示す構成となっている。第1章ではシンギュラリティ―AIが人間を超える可能性、第2章ではAIに奪われる仕事の範囲、第3章ではAIの発展の歴史、第4章では現状の「弱いAI」がもたらす数々の問題、第5章ではAI倫理を主軸とした社会制度の対応策について解説している。
AI技術に関する記述は基礎に留めつつ、人間社会におけるAIの影響という観点から書かれているため、社会学や社会工学の読者にも大変関心の高い内容である。

電子書籍¥2,200 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,200定価(税別)

基本情報

発売日 2019年9月24日
ページ数 192 ページ ※印刷物
サイズ A5 変形
ISBN 9784764905993
ジャンル 情報
タグ 教養, 人工知能

主要目次

第1章 AI脅威論:概念編
第2章 AI脅威論:現実編
第3章 AI技術の簡略史
第4章 AIの不都合な現実
第5章 AI倫理の目指すもの

目次をさらに表示する