近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

浅田稔のAI研究道人工知能はココロを持てるか

著者 浅田 稔

日本ロボット学会会長が、未来の研究者へ捧ぐ!
ビッグデータやIoTなども巻き込んで発展し続ける人工知能研究は今後、社会にどう受け入れられていくか? その鍵について著者は、社会システムを構成する人工物に「心的機能」が備わることと説き、それを「ココロの創成課題」と呼ぶ。
本書は、その課題の実現を目指して研究を行ってきた著者の人工知能研究の足跡(動画像処理・強化学習・身体性・情動・共感)をたどりながら、ロボカップ研究(認知発達ロボティクス)から導き出された認知の問題意識などの重要性と成果、そして課題を解説する。
各分野のキーパーソンとの対話やその知見なども紹介。

電子書籍¥2,700 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,700定価(税別)

基本情報

発売日 2020年12月2日
ページ数 196 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764906259
ジャンル 情報
タグ 教養, 人工知能

主要目次

1.序
2.プロローグ:Out of sight, out of mind!
3.人間と人工物の間の関係に対する基本的な考え方
4.身体・脳・心の理解と設計を目指す認知発達ロボティクス
5.情動から共感へ
6.脳神経系の構造と身体との結合
7.身体表現の獲得
8.共同注意の発達
9.模倣とMNS
10.人工痛覚と共感の発達
11.音声の知覚と発声の発達過程
12.言語獲得の過程
13.自己認知・身体表象と社会脳解析
14.エピローグ:ニューロモルフィックダイナミクスへの旅立ち

目次をさらに表示する