近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

その他

坂田昌一 コペンハーゲン日記ボーアとアンデルセンの国で

編集 坂田昌一コペンハーゲン日記刊行会

ノーベル賞受賞者、益川・小林両氏を育て、のちのクォークモデルの基礎となる「坂田模型」を考案した坂田昌一のコペンハーゲン日記。
 坂田に自由な思考の場を提供したコペンハーゲンにおける、ボーアなど現代物理学揺籃期の研究者たちとの交流がよくわかる。
 また、エッセイや座談会、益川、小林両氏の寄稿、小沼通二氏の解説をとおして、坂田昌一のひととなりに迫る。あらためて「科学」を考える現代に必携の書である。

紙の書籍¥2,000定価(税別)

基本情報

発売日 2011年11月4日
ページ数 280 ページ ※印刷物
サイズ 46
ISBN 9784764955226
ジャンル その他
タグ 物理学, 教養

主要目次

コペンハーゲン日記刊行に寄せて 益川敏英/坂田日記の魅力 小林誠/コペンハーゲン日記/関連エッセイ・座談会:デンマークとボーア博士,座談会:原子力と国際政治,アンデルセンの国を旅して,第十四回ソルヴェイ会議の想い出/コペンハーゲンにおける坂田昌一の横顔/編者解説 小沼通二

目次をさらに表示する