TOP > ビジネス・経済
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
ビジネス・経済
 
サービス価値計測手法10の実例
事例から学ぶサービスサイエンス

book

発売日:2009.03.04
定価:本体2,400円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

注目が高まっている『サービスサイエンス』に関して、その背景、理論、実際の適用分野と、数理手法・価値計測法など、身近な事例を交えて具体的に解説する待望の書!

 先進主要国においてサービス産業が経済の多くを担い、経済成長のため、また、金融危機に端を発する世界的な不況を脱するためにサービス産業の成長と革新が求められているのは間違いありません。
 旧来、形のないサービスを目に見える形にすること(モデル化)は難しいとされ、サービスの質的向上は定性的な経験と勘に頼りがちでした。しかし、コンピュータ、社会、認知、経営、マーケティング、数学など、発達したあらゆる科学分野を統合する形のアプローチによって、サービスを形にすることが注目されています。これがサービスサイエンスです。
 理論は提唱されながら具体的な手法の提示が少なかったサービスサイエンスという分野に、具体性と数理手法を提示する、即戦力のテキストです。

 
著者 木下 栄蔵 (名城大学 教授)
ページ数 192
サイズ A5
ISBN 978-4-7649-0364-7
     
主要目次

序章
0.0 本章のランドスケープ
0.1 「サービス」の位置づけ
0.2 「サービスサイエンス」という学問の萌芽
0.3 研究分野の展開と教育へのフィードバック

第1章 サービスサイエンスとは
1.0 本章のランドスケープ
1.1 サービスサイエンスと戦略
1.2 サービスサイエンスの必要性
1.3 サービスサイエンスの科学的アプローチ
1.4 サービスサイエンスの課題

第2章 サービスサイエンスの適用分野
2.0 本章のランドスケープ
2.1 行政サービスの例―福島県矢祭町
2.2 教育サービスの例―京都市立堀川高校
2.3 ITサービスの例―IBM
2.4 ホテル・旅館のサービス例―加賀屋
2.5 運輸サービスの例―クロネコヤマト

第3章 意思決定手法によるサービスの価値計測例
3.0 本章のランドスケープ
3.1 サービスサイエンスとゲーム理論
3.2 サービスサイエンスとバトルゲーム
3.3 サービスサイエンスとランチェスターの法則
3.4 サービスサイエンスと意思決定基準
3.5 サービスサイエンスと効用関数
3.6 サービスサイエンスと線形計画法
3.7 サービスサイエンスとファジィ積分
3.8 サービスサイエンスと最適化問題
3.9 サービスサイエンスとISM
3.10 サービスサイエンスとDEMATEL

第4章 AHPによるサービスの価値計測例
4.0 本章のランドスケープ
4.1 サービスサイエンスとAHP
4.2 サービスサイエンスと集団AHP
4.3 サービスサイエンスと費用/便益分析
4.4 サービスサイエンスと内部従属法(その1)
4.5 サービスサイエンスと内部従属法(その2)
4.6 サービスサイエンスと外部従属法
4.7 サービスサイエンスと絶対評価法
4.8 サービスサイエンスと線形計画法
4.9 サービスサイエンスと不完全AHP
4.10 サービスサイエンスとANP

参考文献
索引

 
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.