TOP > ビジネス・経済
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
ビジネス・経済
 
実践的プライバシーリスク評価技法
プライバシーバイデザインと個人情報影響評価

book

発売日:2014.4.24
定価:本体3,200円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

マイナンバー法が求める個人情報影響評価の手法が分かる

 2013年に成立した行政手続番号法(通称マイナンバー法)は、2016年1月から運用が開始され、行政機関に提出する税や社会保険などに関する書類への番号記載が必要となる。同法は大変重要な個人情報を扱うため、違反者には厳罰が用意されている。
 そのマイナンバー法が、個人情報を適正に運用するために義務づけたものが「個人情報影響評価」である。本書はプライバシーバイデザインと個人情報影響評価の考え方を示し、実践例や評価書のサンプルを提示して具体的なスキルが身につくよう工夫してある。
 同法に直接携わる行政機関、ソフトウェア会社、または民間においても従業員の「個人番号」、個人支払先等の「個人番号」を取扱う担当部門には必携の書である。

 
著者 瀬戸 洋一(首都大学東京 産業技術大学院大学 教授)
ページ数 200
サイズ B5変
ISBN 978-4-7649-0458-3
     
主要目次
  1. 情報化社会とプライバシー問題
  2. プライバシーバイデザイン
  3. プライバシーリスクとプライバシー影響評価
  4. 個人情報影響評価におけるリスクアセスメント手法
  5. 個人情報影響評価の実施体制
  6. 個人情報影響評価実施手順の考え方
  7. 個人情報影響評価の事例
  8. 個人情報影響評価の有効性評価

演習問題解答例
A. 個人情報影響評価マニュアル
B. PIA実施計画書サンプル

 
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.