TOP > 工学一般
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
 工学一般
 
知能はどこから生まれるのか?
ムカデロボットと探す「隠れた脳」

book

発売日:2018年12月13日
定価:本体2,300円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

「知能の源泉」は本当に脳にあるの?

 AIが注目を集め、人間を超える人工物の開発が目指されている今日この頃。しかし実は、自然界には脳がなくても賢くふるまう生き物がたくさんいる。いったい、どういうことなのだろうか!?
著者は専門である制御工学の研究を通じ、「知能の源は、環境との相互作用にあるのでは?」という仮説に至った。そして、「現象学」という哲学思想を取り入れて論拠を固め、さらに、生き物っぽく動く「ムカデロボット」を作り、その実証を試みる。本書は、その軌跡の記録である。
 わかりやすく親しみやすい文体は、思わず次の頁をめくらせる。また、ところどころにQRコードを配し、手軽に動画を見られるよう工夫した。人工知能、知能、制御に関心のある読者はもちろん、現象学に関心のある読者にも、お勧めの1冊である。

“「私たちはなぜ知能を感じるのか?」を現象学的に問う、実践と思考の冒険。生物学と制御学に全く新たな視野を拓く、画期的な書物だ。” ―― 西 研(哲学者)

 

 
著者 大須賀公一
ページ数 192
サイズ A5変型
ISBN 978-4-7649-0581-8

『知能はどこから生まれるのか?』 掲載動画リンク集

     
主要目次

第1章 旅の始まり

第2章 知能はどこにあるのか?

第3章 制御の「メガネ」で知能を見る

第4章 制御の「技」を身につける

第5章 奥義「陰陽制御」を会得する

第6章 i-CentiPotで知能の謎を解く

第7章 旅の終わりと新たな始まり



『知能はどこから生まれるのか?』 掲載動画リンク集

図1.1(上) コオロギの歩行(陸上)

図1.1(下) コオロギの遊泳(水上)

図1.6 i-CentiPot が森の中を進んでいく。 実にうまく木を避ける。

図2.4 東北大学の石黒・加納研究室で飼育されているクモヒトデの動き。

図2.5(右) DIFFLUGIA CORONA

図4.7 脚ロボットEmu の起立と屈伸。

図4.10 坂道を受動的動歩行によって歩き下るハリネズミのおもちゃ。

図4.11 案外簡単に歩いた受動的動歩行機Quartet-I。

図4.12 なかなか歩かずに、もう一つの「午前4時の戦い」が生まれた受動的動歩行機Quartet-II。

図4.13 受動歩行機にダイレクトドライブモータを内蔵して、能動的にも歩行できるようにした準受動的動歩行機 Quartet-III。

図5.9 この小さなロボットは、ちりばめられた発砲スチロールのブロックを1~2カ所に集めてくれる。

図6.2(左) MOIRA-I

図6.2(右) MOIRA-II

図6.13 i-CentiPot が木を避けてまたもとの軌道に戻っていく様子がわかる。知能を感じてしまった!

図6.17(左) i-CentiPot。地面を動くと気持ち悪さが自然に出る。

図6.17(右) 平らな床で動くと単なるオモチャに見える。

図6.19(右) i-CentiPot を元に開発され商品化された「ムカデロボット工作セット:CENTIPEDE ROBOT」((株)タミヤ)。

 

 
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.