近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

近代科学社 お薦め教科書・専門書 2022 特集

ごあいさつ

 平素より,近代科学社の出版物をご愛読いただきまして,誠にありがとうございます.
 近代科学社は1959年の創立以来出版の立場から科学・工学の発展に寄与すべく尽力してきております.これもひとえに皆様のご支援の賜物と,深く感謝いたしております.
  さて,本年も大学・短大・高専・専門学校向けの教科書ならびに専門書の中から厳選した最新カタログ「お薦め教科書・専門書」を作成いたしました.2019年からスタートした「近代科学社Digital」の書籍も増えてまいりました. 近代科学社Digital は出版のニューノーマルとしてポストコロナ時代に対応できるモデルです.また,小社の属するインプレスグループの書籍も掲載しておりますので,ぜひお目通しください.
 つきましては,先生のご担当授業・ご講義に適する書籍をお選びの際,ならびにご研究に本カタログをご利用くださいますよう,お願い申し上げます.
 なお,ご関心をお持ちくださった教科書書籍につきましては,その旨を裏表紙に記載しております弊社の連絡先にお知らせいただければご参考用に献本いたしますので,ご一報ねがいます.

(株)近代科学社

 

  • お薦め特集専門書 特集
  • お薦め特集専門書 お薦め書
  • お薦め特集専門書 数学系
  • お薦め特集専門書 アルゴリズム系
  • お薦め特集専門書 情報基礎系
  • お薦め特集専門書 プログラミング系
  • お薦め特集専門書 ソフトウェア科学・工学系
  • お薦め特集専門書 専門書
  • お薦め特集専門書 好評シリーズ

全国500校以上(シリーズ累計)でご採用いただいている「情報処理・情報リテラシー」授業向け定番教科書

最新Office 2021対応版、刊行に向け鋭意準備中!

特集①

Microsoft Office 2019を使った情報リテラシーの基礎

プロジェクトサイクル(PDCA)を題材に情報リテラシーを学ぶ!
多くの大学・高専で教科書として採用されている、『MicrosoftOfficeを使った情報リテラシーの基礎』シリーズの2019対応版である。2019版と365版との違いについて触れており、また、Windows10 May2019 Updateにも対応し、最新の環境でも学ぶ事ができる。
 本書は、大変好評な2016版のコンセプトを踏襲し、レポートの書き方、発表の仕方、情報分析手順、情報倫理を具体的に解説する。また、新たに学習題材として、地域と共に行うプロジェクトを想定し、今注目されているプロジェクト学習のイメージを初学年次から体験できるように工夫している。また、1章と各章をキーワードでリンクし、情報倫理等を立体的に学べるよう配慮している。
 単に、Officeソフトの使い方を学ぶだけでなく、いかにしたら学習に役立てられるかを考え抜いた教科書であり、大学、高専の学生に最適の書である。
  • 今注目されているプロジェクト学習を想定した題材で、PDCAサイクルを理解出来るよう、レポートの書き方、発表の仕方、情報分析手順、情報倫理を具体的に学ぶ。
  • 第1章は、現代社会に必須な、情報化社会・情報倫理・学びの姿勢を、分かりやすく簡潔にまとめてある。また、各章とキーワードでリンクし、情報倫理を立体的に学べる。
  • 操作方法を、順をおって丁寧に説明しているので遠隔授業の際にもストレス無く学ぶことができる。
  • Offi ce2019版と365版との違いについても触れる。
  • 教師向けインストラクションガイド、講義資料を用意(ご採用いただいた先生のみのご提供となります)。

Microsoft Office 2016を使った情報リテラシーの基礎

プロジェクトサイクル(PDCA)を題材に情報リテラシーを学ぶ
 多くの大学・高専で教科書採用を頂いている、『MicrosoftOfficeを使った情報リテラシーの基礎』シリーズの2016対応版である。Windows10アニバーサリーアップデート2016にも対応し、最新の環境でも学ぶ事ができる。
 本書は、大変好評な2013版のコンセプトを踏襲し、レポートの書き方、発表の仕方、情報分析手順、情報倫理を具体的に解説する。また、新たに学習題材として、地域と共に行うプロジェクトを想定し、今注目されているプロジェクト学習のイメージを初学年次から体験できるように工夫する。
 単に、オフィスソフトの使い方を学ぶだけでなく、いかにしたら学習に役立てられるかを考え抜いた教科書である。大学、高専の学生に最適の書。
特長は2019版と同様です。ただし、次の2点は対応しておりません
  • 第1章と各章をキーワードでリンク。
  • Office2019版と365版との違い。

それは教科書出版のニューノーマル!「近代科学社Digital」

電子ファースト:電子書籍とプリントオンデマンド(POD)で同時に刊行!

特 長

電子書籍が同時刊行なので、遠隔授業に対応できる
在庫を持たないため、常に最新刷で授業できる
1冊から作れるので、品切れがない!
PODだけどリーズナブル!
PDF献本はこちら

早くも新規教科書 採用あり! 原稿も大募集!▶︎教科書発掘プロジェクト

特集②

これからの大学教育の基本!データサイエンス

専門分野向け・全学部向け教科書をラインナップ

特 長

データサイエンティストを目指す方へ:『線形代数とデータサイエンス』
・ データサイエンスの基礎を成す数学(線形代数,確率・統計,最適化)を解説
 講義を受けているような、ストラング先生の大変具体的で丁寧な説明
・ 定番
『線形代数イントロダクション』を訳された松崎公紀先生の邦訳

すべての学生の方へ:『よくわかるデータリテラシー』
・ データに惑わされないスキルがつく!
・ 
数式を極力使わず文系学生も理解できる
・ 
インストラクションガイドを弊社サイトからダウンロードできる

特集③

世界標準MIT教科書  ストラング:線形代数とデータサイエンス

データサイエンティストが知っているべき,情報時代に必須の線形代数教科書!
本書は,『ストラング:線形代数イントロダクション』の原著者ギルバート・ストラングMIT教授が,データサイエンスの基礎を成す数学(線形代数,確率・統計,最適化)を解説した専門書.
データサイエンスの要となるのはニューラルネットワークおよび深層学習であり,その根幹を理解するために線形代数を深く学ぶことが重要となる.深層学習の解説書は多数あるが,その根底にある数学まで徹底的に解説した書籍はほとんどない.
本書は,線形代数の発展的教科書として,またデータサイエンティストを志す読者が線形代数を学ぶための教科書としてふさわしい一冊である.

よくわかるデータリテラシー

データを正しく読み解き、提示する能力を創る!
データサイエンスの重要性が叫ばれるなか,その教育への期待が産官学で高まっている.高校ではすでに統計学が必修となり,大学においても文・理を問わず全学生にデータサイエンス教育を課すことが決まった.本書では,データサイエンスの要であるデータリテラシー(データを正しく読み取り情報を正確に提示できる能力)の総合的解説を試みており,初学者が一から理解できるよう豊富な例題・演習・解答が盛り込んである。これからデータリテラシーを教えるにあたって適切な教材を探している教師の方々,データサイエンスを身につけるための足がかりを欲している学生の方々,どちらの要望にも応える充実の教科書となっている.
  • お薦め特集専門書 特集
  • お薦め特集専門書 お薦め書
  • お薦め特集専門書 数学系
  • お薦め特集専門書 アルゴリズム系
  • お薦め特集専門書 情報基礎系
  • お薦め特集専門書 プログラミング系
  • お薦め特集専門書 ソフトウェア科学・工学系
  • お薦め特集専門書 専門書
  • お薦め特集専門書 好評シリーズ