TOP > 公立はこだて未来大学出版会発行
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
公立はこだて未来大学出版会発行
 
マリンITの出帆
— 舟に乗り海に出た研究者のお話 —

book

発売日:2015年3月20日
定価:本体1,800円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

 地球温暖化は、地上の話だけではない。海中においても始まっている。著者は、イカ釣りロボットで有名な東和電機製作所在職中に、開発したホタテ養殖のシステムが全返品されたとき、次のことに気付く。「システムが悪いのか、そもそも海の状態に変化があるのか」。海と漁師が大好きな著者は、ITを使って海洋資源と海洋状態の「見える化」に、多くの人々を巻き込みながら大奮闘していく。本書はそんな著者の奮闘ぶりを小気味のよい文章とともにわくわく感を持って伝えている。成すことの面白さを著者と共に体験できる。

 
著者 和田 雅昭 (公立はこだて未来大学 教授)
マリンスターズ
ページ数 160
サイズ 四六
ISBN 978-4-7649-5551-6

 

     
主要目次

第1章 マリンIT前史
小さいころから釣り好きの父に/北大水産学部の漁業学科へ/大好きな函館で就職を果たす/大型イカ釣漁船への実装/太平洋の上でのプログラミング/クレーム対応へ全国を駆け回る/ホタテの大量死

第2章 マリンIT始動!
モバイルITを海へ出す/はこだて未来大学との出会い/留萌のナマコ桁網漁を研究対象に/フィールドリサーチは「営業」が命/10万円のブイ開発という無茶ぶり/多層観測が漁業者の常識をくつがえす/「ユビキタスブイ」の誕生秘話/リアルタイム資源評価システムに着手/マリンブロードバンド環境の構築/操業日誌デジタル化の苦戦

第3章 みんなのマリンIT
漁業者はiPadに夢中!/アプリ開発のターゲットは70代/マリンITの情報デザイン/漁業者主体の資源管理への第一歩/ユーザセンタードデザインを貫く/アップル社への不服の申し立て/海を越え世代を超えるマリンIT 他

トップへ
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.