TOP > 情報工学
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
情報工学
 
トップエスイー基礎講座2 要求工学の基本概念から応用まで
要求工学概論

book

発売日:2009.10.05
定価:本体3,800円+税

アマゾンで注文

 

品質向上に貢献する、要求獲得技法を詳解!

ソフトウェアが社会に浸透すると供に、ソフトウェア開発の上流工程ではビジネスや運用環境の変化に即した要求の獲得・仕様化・確認・管理が求められています。要求工学では曖昧で変化しやすい要求を工学的に扱うことで、品質の高い要求仕様書を効率的に作成する各種の手法が開発されています。要求工学の基礎知識の理解と習得に好適の書として本書を推薦します。(山本修一郎 NTTデータ システム科学研究所所長)

 
著者 監修:大西 淳・立命館大学
著者:妻木俊彦(国立情報学研究所) 白銀純子(東京女子大学)
ページ数 288
サイズ B5変型
ISBN 978-4-7649-0372-2
     
主要目次

第1部 要求
 第1章 要求とは
  1.1 要求とシステム開発
  1.2 要求と要求仕様
  1.3 要求工学
  1.4 ソフトウェアライフサイクルと要求定義
 第2章 要求定義
  2.1 要求定義とは
  2.2 ステークホルダ
  2.3要求定義プロセスモデル 

第2部 要求獲得
 第3章 要求獲得の基本概念
  3.1 要求獲得とは
  3.2 要求獲得における問題
  3.3 要求獲得技法
  3.4 要求獲得アプローチ
  3.5 要求獲得プロセスモデル
 第4章 要求獲得方法
  4.1 情報収集
  4.2 問題分析
  4.3 要求分析
 第5章 要求獲得手法
  5.1 ユースケース分析法
  5.2 KAOS法
  5.3 オブジェクト指向分析法

第3部 要求記述
 第6章 ソフトウェア要求仕様書
  6.1 規格「IEEE Std 830-1998」の概要
  6.2 要求仕様書の品質特性
  6.3 要求仕様書の構成
 第7章  要求言語
  7.1 自然言語
  7.2 制限つき自然言語
  7.3 形式言語
  7.4 図形言語

第4部 その他の技術
 第8章 要求確認
  8.1 レビューとシミュレーション
  8.2 インパクト分析
  8.3 リスク分析
  8.4 優先順位付け
  8.5 開発コスト見積もり
 第9章 要求管理 
  9.1 要求仕様書の管理
  9.2 要求変更管理
  9.3 要求追跡
  9.4 要求再利用
 参考文献 
 索引

トップへ
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.