TOP > 情報工学
 □ ニュースリリース
 
【重要】
電子書籍無料ダウンロードを装った
違法サイトにご注意ください!
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
 
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
情報工学
 
浅田稔のAI研究道
人工知能はココロを持てるか

book

発売日:2020年12月2日
定価:本体2,700円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

日本ロボット学会会長が、未来の研究者へ捧ぐ!

 ビッグデータやIoTなども巻き込んで発展し続ける人工知能研究は今後、社会にどう受け入れられていくか? その鍵について著者は、社会システムを構成する人工物に「心的機能」が備わることと説き、それを「ココロの創成課題」と呼ぶ。
 本書は、その課題の実現を目指して研究を行ってきた著者の人工知能研究の足跡(動画像処理・強化学習・身体性・情動・共感)をたどりながら、ロボカップ研究(認知発達ロボティクス)から導き出された認知の問題意識などの重要性と成果、そして課題を解説する。
 各分野のキーパーソンとの対話やその知見なども紹介。

 
著者 浅田 稔
ページ数 196
サイズ A5
ISBN 978-4-7649-0625-9
     
主要目次
  1. 序章
  2. はじまりは人工視覚の研究
  3. 人間と人工物の間の関係に対する基本的な考え方
  4. 身体・脳・心の理解と設計を目指す認知発達ロボティクス
  5. 情動から共感へ
  6. 脳神経系の構造と身体との結合
  7. 身体表現の獲得
  8. 共同注意の発達
  9. 模倣とMNS
  10. 人工痛覚と共感の発達
  11. 音声の知覚と発声の発達過程
  12. 言語獲得の過程
  13. 自己認知・身体表象と社会脳解析
  14. エピローグ:ニューロモルフィックダイナミクスへの旅立ち
トップへ
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.