教科書出版もニューノーマルへ! オンライン、遠隔授業にも対応!
 たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
 2020年夏の募集は7月31日をもっていったん終了させていただきましたが、ご質問・ご相談は引き続き受け付けております。「お問い合わせへ」からお気軽にお送りください。
 次回の募集は、決定次第本ページにて告知いたします。
 
近代科学社Digital 教科書発掘プロジェクトとは

 何度も授業で使って、学生からも「わかりやすい」と評価されている原稿を、教科書にして出版いたします!!
 書籍の出版経験がない、また地方在住で相談できる出版社がない先生方に、デジタルパワーを活用して広く出版の門戸を開き、世の中の教科書の選択肢を増やしたいと考えています。
 「私の書いた教科書を多くの人に使ってほしい!」という、熱意あるご応募を全国からお待ちしております!

 

●オンライン、遠隔授業にも活用できる!
 原稿を書籍としてまとめる作業を通じて、講義資料がより整理されます。また、プリントオンデマンド版と電子書籍を同時発行するので、学生は紙の教科書でも、PCやタブレットで読む電子書籍でも選んで授業に臨めます。すでにご出版いただいた先生方からは、実際にこの春のオンライン、遠隔授業で非常に役立ったとの声をお寄せいただいています。
 加えて、将来的な電子教科書への展開もスムーズ。ご希望に応じて、丸善雄松堂が提供する電子教科書・教材配信用プラットホームMaruzen eText Serviceへのご紹介も行っております。
https://kw.maruzen.co.jp/ln/mets/mets_actlearn.html

●以前に出版した書籍の復刊も可能
 以前に執筆して授業で使っていた教科書が品切れになり、出版社が印刷せず困っている……こんな時でもおまかせください。近代科学社Digitalはプリントオンデマンドでの出版なので、一度出版すれば必要なタイミングで必要な部数を用意できます。もちろん将来にわたって品切れのご心配もありません。
※旧版の出版社との契約解除や掲載されている図表類の版権処理などは、ご自身で行ってくださいますようお願いたします。

●古くならない! 内容改訂にも柔軟に対応
 出版後、授業で使って気がついた「ちょっとした不都合」は、新学期の前に改訂ができます。また、新しい内容を追加したり、本のページ数が変わったりする場合は「新版」としての出版をお薦めしています。このように場合に柔軟な対応ができることも、「プリントオンデマンドならでは」のメリットです。

 
 セルフパブリッシング・自費出版とは、ここが違う!
  • 電子書籍と印刷書籍(POD:プリント・オンデマンド)が同時に出版できます。
  • 原稿に編集者の目が入り、必要に応じて、市販書籍に適した内容・体裁にブラッシュアップされます。
  • 50ページ以上であれば出版可能なので、クォーター制授業の教科書などにも対応できます。
  • 電子書籍とPOD書籍のため、任意のタイミングで改訂でき、品切れのご心配もありません。
  • 近代科学社のISBNコードが付与され、POD書籍は大学生協をはじめとする全国の書店で、電子書籍はアマゾンを筆頭に各種オンラインストアで販売されます。また、国会図書館にも納本いたします。
  • 販売部数・金額に応じて印税をお支払いいたします。

※POD書籍:販売価格(希望小売価格)の10%×販売数
 電子書籍:売上金額の25%

 
 こんな教科書ができあがります

 近代科学社DigitalスタイルのPOD印刷書籍は、以下のような仕上がりになります。

  • 版型:A5判またはB5判
  • ページ数:50ページ以上(教科書として利用しやすいページ数)
  • POD版の刷色:本文モノクロ/表紙フルカラー
  • POD版の製本:並製本・カバーなし
  • 表紙デザイン:共通デザイン+αで、当社にて制作いたします。
  • 販売価格:完成した出版物の本体価格は、総ページ数に連動して、おおよそ以下のとおり設定いたします。
      50~99ページ:15円×ページ数
      100~199ページ:13円×ページ数
      200ページ以上:12円×ページ数
 
 こんな教科書ができあがりました!

 これまで2019年夏・2020年春の「教科書発掘プロジェクト」を通じて理工学の分野はもちろん、ご応募いただいた先生の熱意に共感し、ジャンルを超えた幅広い分野から、これまでに6冊の教科書を刊行! 実際に授業で使われています。

     

●『理工系のための微分積分学』
神谷 淳(山形大学 教授)・生野 壮一郎(東京工科大学)・仲田 晋(立命館大学 教授)・宮崎 佳典(静岡大学学術院 教授) 著
※2006年に講談社サイエンティフィクから発行された『理工系のための解く!微分積分』を再編集・発行

●『国際知的財産法概説 TRIPs特許・秘密情報知的財産法』
竹内 誠也 著(山口大学大学院 教授)

●『「IT前提経営」が組織を変える デジタルネイティブと共に働く』
高柳 寛樹 著(立教大学大学院 特任准教授)

●『はじめての3DCGプログラミング 例題で学ぶPOV-Ray』
山住 富也 著(名古屋文理大学 教授)

●『Q&Aで読み解く 情報通信技術の進化』
三宅 真 著(獨協大学 非常勤講師)

●『情報を集める技術・伝える技術 情報社会の一員として備えておくべき基礎知識』
飯尾 淳 著(中央大学 教授)

 

刊行間近!

この他、工業熱力学、プログラミング、ディジタル信号処理、トポロジー、アルゴリズムなどの教科書が続々と登場します。

 
 募集要項
  • 募集ジャンル:大学・高専・専門学校等の学生に向けた理工系・情報系の教科書
  • 募集数:20タイトル
  • 応募資格
    1. すでにご自身の授業で使用されている原稿であること。
    2. 2021年4月以降授業で教科書として使用する予定があること。
    3. 原稿送付・校正等、出版までに必要な作業をオンライン上で行っていただけること。
    4. 近代科学社Digitalの執筆要項・フォーマットに準拠した完成原稿をご用意いただけること(Microsoft WordまたはLaTeXで執筆された原稿に限ります)。
    5. 書籍刊行後に、広く告知をするため、ご自身のウェブサイトやSNS等から近代科学社Digitalのウェブサイトにリンクを貼っていただけること。

    ※ほかで出版しておらず(ネット公開は可)、また、他者の権利を侵害していない原稿に限ります。
    ※ご質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
    ※本プロジェクトでは、通常ご負担いただく出版分担金が無料です。

 
 募集期間・応募方法

2020年 7月1日(水)~2020年 7月31日(金)
 このページの「教科書発掘プロジェクト 応募へ」よりご応募ください。ご記入いただいたメールアドレスに、【教科書発掘プロジェクト ご応募受付完了のお知らせ】を自動返信いたします。 
  近代科学社Digitalにてご応募を確認いたしましたら、2週間以内に担当者からご連絡をさせていただきます。

※しばらく待ってもメールが届かない場合、ご記入いただいたメールアドレスが間違っていた可能性があります。その際はメールアドレスをご確認の上、お手数ですが再度申し込みを行ってください。それでも届かない場合はkdd-info@kindaikagaku.co.jpまでご連絡ください。

 
 審査にあたって
 ご応募内容を審査し、出版可否を判断いたします。審査にあたっては、サンプル原稿を送付いただきます。
2020年8月31日までに、担当者からメールにて出版の可否をご連絡いたします。
 
 出版までの流れ

ご応募(著者)
▼ 審査 (近代科学社Digital)
▼ 審査結果ご連絡
▼ 出版契約 (両者)
▼ 原稿送付(著者)
▼ 原稿修正・編集 (両者)
▼ ページ組版 (近代科学社Digital)
▼ 校正 (原則2回、両者)
▼ 発売・流通 (近代科学社Digital)

 
ご応募・お問い合わせはこちらから
 
応募へ   お問い合わせへ

 

▲ページトップへ
 
お問い合わせ   近代科学社   ネクストパブリッシング
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.