TOP > コミュニケーション・情報リテラシー一覧
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
コミュニケーション・情報リテラシー
 
Microsoft office2000を使った 情報リテラシーの基礎

book

発売日:2000.03.31発売
定価:本体2,400円+税

アマゾンで注文

 

多くの大学、短期大学そして専門学校で採用いただき大変好評を得ております「Microsoft Office97を使った 情報リテラシーの基礎」のMicrosoft Office2000対応版です。
本書は、読者が1人で学習でき、基礎的な内容を理解し、操作方法を習得できることを目的にしています。理解しやすいように、全ての演習課題にシナリオ性を持たせ、しかも操作手順を図版等を多用して具体的に記述しました。

「Microsoft Office97を使った 情報リテラシーの基礎」からの主な改訂点、変更点は次の通りです。
(1)Wordでは、メニューバーやツールバーの使い方などの基本操作と日本語入力システムがMS-IME2000になってその機能が変わりました。
(2)インターネットと電子メールでは、Microsoft Internet Explorer5.0を操作手順の主にして、Netscape Communicatorを従としました。
(3)PowerPointでは、スライドの作成を「標準表示モード」で行うようにしました。スライドショーではスライド切替効果とアニメーション効果を付け加えました。
(4)Accessでは、さらに"ストーリー性と分かりやすさ"を徹底しました。

 

 
著者 斎木邦弘(日本研修サービス 顧問)
白井晴男(上武大学教授)
田村久平(中央学院大学助教授)
三浦信宏(愛知淑徳大学助教授)
ページ数 296P
サイズ B5
ISBN 4-7649-0280-X
     
主要目次
1.情報処理の基礎
 1.1 情報化社会を考える
  1.1.1 本当の情報化はこれから始まる
  1.1.2 情報技術で変わるもの
  1.1.3 コンピュータとのつき合い方
 1.2 情報リテラシーの必要性
  1.2.1 情報処理とは
  1.2.2 情報リテラシーとは
 1.3 今後の情報共有のあり方
  1.3.1 グループウェアとは
  1.3.2 情報伝達<コミュニケーション>手段の発展
  1.3.3 グループウェアの主な機能
2.パソコンの基本操作
 2.1 パソコンの基本構成
  2.1.1 標準的構成と機能
  2.1.2 ハードウェアとソフトウェア
 2.2 ハードウェア
  2.2.1 プロセッサ
  2.2.2 メモリ
  2.2.3 補助記憶装置
  2.2.4 入力装置
  2.2.5 パソコンの分類
 2.3 ソフトウェア
  2.3.1 ソフトウェアの分類
  2.3.2 パソコン用OS(オペレーティングシステム)
  2.3.3 ファイルシステム
 2.4 Windows98の基本操作
  2.4.1 Windows98の特徴
  2.4.2 画面基本操作
  2.4.3 ファイルのフォーマット方法
  2.4.4 ファイル管理
3.Wordによる文書処理
 3.1 Wordの基本操作
  3.1.1 ワープロの目的
  3.1.2 ワープロの基本機能
  3.1.3 Wordの起動と画面の見方
  3.1.4 コマンドの実行
  3.1.5 基本操作
  3.1.6 日本語の入力
  3.1.7 文書の保存
 3.2 文書の編集
  3.2.1 文書の入力
  3.2.2 書式設定ツールバーによる書式の変更
  3.2.3 文書の左右余白の変更
  3.2.4 網かけや色の付け方
  3.2.5 行の間隔の変更
  3.2.6 ページレイアウトの設定
 3.3 図形の作成
  3.3.1 図形を描く
  3.3.2 クリップアートを使う
  3.3.3 テキストボックスの作成
  3.3.4 ワードアートによる特殊効果文字の挿入
 3.4 文書の印刷
  3.4.1 印刷イメージの確認
  3.4.2 文書の印刷
 3.5 罫線と作表
  3.5.1 表を作成する
  3.5.2 罫線を引く
  3.5.3 表のレイアウトの変更
  3.5.4 表の編集
  3.5.5 文字の入力
 3.6 ホームページの作成
  3.6.1 Webバーの表示
  3.6.2 インターネットのホームページ<Webページ>の表示
  3.6.3 Word文書をWebページに変換
  3.6.4 Webページを編集する
  3.6.5 WebページをWWWブラウザで確認する
  3.6.6 ハイパーリンクを設定する
4.インターネットと電子メール
 4.1 インターネットを使ってみよう
  4.1.1 インターネットのはなし
  4.1.2 Microsoft Internet Explorerによるネットサーフィン
  4.1.3 Netscape Communicatorによるネットサーフィン
 4.2 電子メールを使ってみよう
  4.2.1 電子メールの送受信
5.Excelによる表計算
 5.1 Excelによる表計算の基礎
  5.1.1 Excelの基本操作
  5.1.2 表計算の基本操作
  5.1.3 表の編集
  5.1.4 表の拡張
  5.1.5 グラフの作成と編集
 5.2 Excelによる表計算の応用
  5.2.1 財務データの加工
  5.2.2 データの解析
  5.2.3 文書へのグラフの追加
6.PowerPointによるプレゼンテーション
 6.1 プレゼンテーションとは
  6.1.1 プレゼンテーションの意義
  6.1.2 プレゼンテーション資料
 6.2 PowerPointを使ってみよう
  6.2.1 PowerPointの基本操作
  6.2.2 プレゼンテーションを作成する
 6.3 新規プレゼンテーションの作成
  6.3.1 テンプレートを使用したプレゼンテーションの作成
  6.3.2 プレゼンテーションの編集
 6.4 スライドショーによるプレゼンテーション
  6.4.1 プレゼンテーションの効果を高める
  6.4.2 プレゼンテーションを行う
7.Accessによるデータベースの構築
 7.1 データベースの概念
  7.1.1 データベースとは
  7.1.2 リレーショナルデータベース
 7.2 Accessの基本操作
  7.2.1 Accessの起動
  7.2.2 Accessの作業工程
 7.3 データベースの構築
  7.3.1 データベースの設計
  7.3.2 テーブルの設計
  7.3.3 フォーム作成とデータ入力
 7.4 データベースの操作
  7.4.1 テーブルの操作
  7.4.2 クエリによるテーブルの操作
  7.4.3 レポートの作成
付録 タイピング練習
 
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.