TOP > コミュニケーション・情報リテラシー一覧
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
コミュニケーション・情報リテラシー
 
Microsoft Office2007を使った情報リテラシーの基礎

book

発売日:2008.10.04
定価:本体1,400円+税

アマゾンで注文

 

Office 2007に一早く対応した情報リテラシーの教科書!

勉強を進めていく中で必要となるレポートの書き方、発表の仕方、情報分析手順、情報倫理などについてストーリー性をもった題材と図版を使ってわかりやすく解説します。Wodrでの文書作成、Excelによる分析、PowerPointによるプレゼンテーションなどテーマの本質を理解しながら各アプリケーションの使い方を習得できます。また、新たに章末に演習問題を設け、より理解度を上げられるよう工夫しています。
これまでも多くの大学、短大、専門学校で採用をいただいている「Microsoft Officeを使った情報リテラシーの基礎」のOffice2007対応版です。

 
著者 白井晴男(監修:上武大学教授)
著者:切田節子(玉川大学准教授)
三浦信宏(愛知淑徳大学教授)
小林としえ(学校法人玉川学園)
乙名 健(日本アイ・ビー・エム人財ソリューション株式会社)
ページ数 343P
サイズ B5
ISBN 978-4-7649-0343-2
     
目次

第1章 情報処理の基礎
 1.1 情報化社会を考える
 1.2 情報倫理
 1.3 情報リテラシーの必要性

第2章 ソフトウェアの基本操作
 2.1 Windows Vista の基本操作
 2.2 アプリケーションソフトの共通基本操作

第3章 Word による文書処理
 3.1 文書処理について
 3.2 Word の基本操作
 3.3 「レポート」を作成しよう
 3.4 [レポートの1ページ目]を作成しよう
 3.5 [レポートの2ページ目]を作成しよう
 3.6 「レポート」の体裁を整えよう
 3.7 第3章のまとめ
 3.8 演習問題1「コミュニティバス導入報告書」の作成
 3.9 演習問題2

第4章 Excel による表計算とデータベース
 4.1 表計算とは
 4.2 Excel の基本操作
 4.3 表計算の基本操作
 4.4 ワークシートの書式設定
 4.5 表の拡張
 4.6 関数
 4.7 グラフの作成と編集
 4.8 Excel による表計算の応用
 4.9 データベース

第5章 PowerPoint によるプレゼンテーション
 5.1 プレゼンテーションとは
 5.2 よいプレゼンテーションをするために
 5.3 PowerPoint を使って資料を作ろう
 5.4 編集をしよう
 5.5 スライドショーを実行しよう
 5.6 応用と演習
タイピング練習
MS-IME ローマ字/かな対応表
参考文献

 
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.