TOP > 数学
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
数学
 
関数とは何か
近代数学史からのアプローチ

book

発売日:2014年7月28日
定価:本体4,200円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

天才数学者たちはいかに試行錯誤したのか?

 関数概念の歴史的な発展を可能な限り史実に忠実に考察し,かつ,現代の解析学の学習者・研究者の関心に応えるように配慮し,現代数学的な視点を加味した記述を試みた。  ともすれば完成された数学として,学生の側から見れば天下り的に,教師の側から見れば教育的な能率ばかりを視野において講じられることの多かった解析学の壮大な体系を,歴史的な発展のダイナミズムに満ちた,人間的なドラマとして迫力をもって伝える。章末演習問題も多数収録、微積分学の副読本としても利用できる。

 
著者 岡本 久(京都大学教授)
長岡 亮介(明治大学特任教授)
ページ数 336
サイズ
ISBN 978-4-7649-0459-0
     
主要目次

第I部 おおまかな流れ:
1 数学史の難しさについて
2 関数
3 微積分法の合理化と極限概念

第II部 各論:
4 解析学の創始者オイラー
5 解析学の厳密化
6 フーリエ級数解析学の新展開
7 フーリエ級数の収束
8 連続だが至る所微分不可能な連続関数とその周辺の話題
9 解析学のもうひとつの流れ関数の補間と数値計算
付録:
A 複素関数論の歴史
B 常微分方程式
C ギブズ現象
D 様々な定理
E 関数の定義の変遷
F 本書に登場する主な主人公の生涯
G 章末演習問題の解答
関連図書

トップへ
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.