TOP > ナノオプト発行
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
 ナノオプト発行
 
コンクリート建造物をいかに保たせるか
図解 実務者のためのコンクリート診断用語事典

book

発売日:2011.10.21
定価:本体3,400円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

コンクリート建造物をいかに保たせるか!

 マンション・ビル・公共建築物などをどのようにして、持続的に利用することが出来るか、そのコンクリートメンテナンス技術について、現在大きな関心が持たれている。本書は、現場実務者を対象とした「コンクリートの診断・メンテナンス」に特化した用語事典である。
 左ページに用語、右ページに用語該当の図・写真を掲載し、見開きで展開する。50音順に約540ワードを収録。持ち運びしやすく、現場で使いやすい事典とし、本書の特長とする。
 またコンクリート主任技士、コンクリート技士、コンクリート診断士などの試験にも役立つよう、記述方法や考え方などについて用語の重要なポイントを習得できるような内容ともなっている。 受験者必携の書!

 
著者 小野 定 (C&Rコンサルタント代表取締役 工学博士・コンクリート主任技士・コンクリート診断士)
ページ数 272
サイズ A5変形
ISBN 978-4-7649-5521-9
     
掲載用語の例

AE振幅分布
ASR
FRP接着工法
ICP法
pH
S - N 関係式
X 線
X 線マイクロアナライザー
X 線管
X 線発生装置
アノード(陽極)
アルカリシリカ反応
アルカリ骨材反応
アルカリ濃度減少量
インパルスハンマー
エトリンガイトの遅延生成
エポキシ樹脂
エロージョン
エントラップトエア
カソード(陰極)
かぶり厚さ
カルシウムシリケート水和生成物
キャビテーション
クリープ
クロム酸銀吸光光度法
ケミカルプレストレス
ゲルの滲出
コアドリル
コア強度
コンクリートつらら
コンクリートの変色
サーモグラフィー法
シーリング材
シュミットハンマー法
スケーリング
スケーリング深さ
すりへり
セメントのアルカリ含有量
せん断力
たわみ
つらら
デジタルカメラ
テストアンビル
テストハンマー
パテ状エポキシ樹脂
パネル取付け工法
ビッカース硬さ
ひび割れ調査
ひび割れ補修
ひび割れ密度
フェノールフタレイン
フライアッシュセメント
ブリーディング
プルアウト法
プレパックドコンクリート工法
ポリマーセメントモルタル
マイクロフォン
マスコンクリート
ミクロセル
モール法
モルタルバー法
リニアトラバース法
レイタンス
ワイドアングル法
圧縮強度
安全性能
位相変化
異常凝結
維持管理
引張り力
渦電流
塩化銀沈殿法
塩化物イオン
塩化物イオンの拡散
塩類
汚れ
下面増厚工法
化学的腐食
化学法
加速期
可溶成分
火害等級
火災
火災に対する補強工法
火災補修
火熱
荷重たわみ
荷重計測方法
解体・撤去
解離
海砂
海水
外観上の劣化グレード
拡散
拡散速度
活荷重たわみ
乾湿繰返し
含水率
亀甲状のひび割れ
供用期間
共振周波数測定
強度推定
局部破壊法
曲げ強度
空隙
空洞
軽量コンクリート
建築構造物の補修
孔食
恒久処理
構造的変状
鉱物
鋼材
鋼材の降伏強度
鋼板接着工法
降伏強度
高炉セメント
左官工法
細孔径分布
細孔構造
細孔量
材料強度
撮影画角
錆汁

酸性雨
酸素
暫定補修
残存膨張量
使用性能
支保工の沈下
示差熱重量分析
自然電位法
軸力
写真解析
受熱温度
周辺環境への影響性能
修景
充填工法
縦桁増設工法
重量法
書類調査
床版の疲労
衝撃破砕力
詳細調査
上面増厚工法
振幅
浸透性吸水防止材
進展期
水セメント比
水銀圧入法
水質
水密性
水和熱
析出物
赤外線
赤外線吸光スペクトル分析
設計基準強度
設計図書
線形累積損傷則
全塩化物
走査電子顕微鏡
増厚工法
促進膨張試験
損傷図
損傷度区分
打音法
打継ぎ
耐久性
耐震補強
帯筋
炭酸化反応
弾性係数
弾性波受信装置
弾性波伝播速度
弾性波法
断面欠損
断面修復材
地盤調査
着色
中性化深さ
中性化速度係数
注入材
調査
調査方法
直線分極抵抗法
泥分
鉄筋コンクリート床版
鉄筋の腐食確率
鉄筋重量減少率
鉄筋探査装置
鉄筋腐食量
鉄筋量不足
伝播速度
電位差計
電気化学的補修工法
電気防食工法
電子線マイクロアナライザー
電磁誘導法
塗装工法
土壌
土木構造物の補強
凍害危険度マップ
凍害補修
凍結融解作用
東京都建築材料検査局式
豆板
透過写真
透水型枠
銅硫酸銅電極
内部欠陥
二次電子
日本材料学会式
熱画像
濃縮
波長分散型X線分光器
配(調)合推定
配筋
剥落防止工法
爆裂
発錆面積
判定基準
反応性骨材
反射電子
反射波
反発硬度試験
疲労破壊
疲労劣化度
飛来塩化物量
微破壊検証法
美観
表層
表面温度
表面気泡
表面被覆工法
評価
不動態
不動態皮膜
付着強度
腐食グレーディング
腐食ひび割れ
腐食生成物
腐食電流密度
部材諸元
復極量
分極抵抗法
聞き取り調査
偏光顕微鏡
変位
変質
変色
補強
補強工法
補強鋼材
補修
補修計画
補修設計
防水性
埋設物
油類
融雪剤
予防保全
溶解
要求性能
養生
硫酸塩侵食
梁の補強
梁部材の疲労
累積疲労損傷度
劣化過程
劣化機構
劣化状況
劣化進行
劣化度
劣化補修
劣化要因
連続繊維シート接着工法
老化

 
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.