近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

コンピュータサイエンス大学講座 第10巻

離散系の数学

著者 野崎 昭弘

数学は自然科学と工学の世界における公用言語である。この言語を知らなければ、自分の意図を他人に正確に理解してもらうことは不可能であり、また多くの書物が数学の言葉を用いて書かれている。
本書は特に数学と計算機科学との間の橋渡しをする「離散数学」への入門的教科書である。説明は具体例から出発し、数学的に厳密に定式化するとどうなるかを丁寧に述べてある。また、定義や証明も、その背後にあるねらいや着想がとらえやすいよう、解説に工夫をこらしてある。

紙の書籍¥2,700定価(税別)

基本情報

発売日 1980年1月1日
ページ数 236 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764900608
ジャンル 数学
タグ 教科書, 離散数学

主要目次

1. 集合
2. グラフ理論
3. 整数論
4. 代数系
練習問題の解答

目次をさらに表示する