近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

UNIXとC

著者 阿曾 弘具
著者 堀口 進

ワークステーションの標準OSとして広く用いられるUNIXの基本的知識とその上で標準的に行われているCプログラミングをコンパクトにまとめた。『UNIXとPascal』の姉妹編である。
第I部がUNIX編であり、UNIXシステムの使い方、ファイル操作、エディタ等をその基礎から常用レベルまで説明するとともに、Xウィンドウやネットワークの使い方を説明し、簡易マニュアルとしても使える。
第II部はCプログラミングについてその入門から応用までを解説する。近年注目されているC++についても記述する。C文法はANSICに準拠して使う立場で解説されている。

紙の書籍¥3,000定価(税別)

基本情報

発売日 1994年1月1日
ページ数 288 ページ ※印刷物
サイズ B5
ISBN 9784764902299
ジャンル 情報
タグ UNIX, C言語, 教科書

主要目次

第1部 UNIXオペレーティングシステム
0. 情報処理とコンピュータ
1. UNIX操作入門
2. ファイル
3. エディタvi
4. プログラム開発と実行
5. シェルと環境
6. Xウィンドウシステム
7. Emacs
8. ネットワーク環境
9. UNIXの便利なコマンド
第2部 Cプログラム
1. Cプログラム入門
2. プログラム書法
3. Cプログラム演習
4. C文法
5. C++の概要

目次をさらに表示する