近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

グラフ理論入門原書第4版

著者 R.J.ウィルソン
翻訳 西関 隆夫
翻訳 西関 裕子

グラフ理論は、今日では計算機科学だけでなく、電気・電子工学、経営工学等の基礎理論として欠くことのできない重要な概念であり、各分野への広汎な応用がなされている。
 本書は、大変長い間好評を得ている「グラフ理論」原書第4版の翻訳で、きわめてわかりやすく説明された入門的教科書である。数学的予備知識を仮定せずに簡明に書かれているので、大学初年級学生でも十分読み進むことができる。
 また、いままでの版に比べて、この第4版では全体を通して加筆訂正がなされており、用語も現在通用しているものに変更されている。さらに、多くの演習問題を載せ、その一部には解答も付いている。

電子書籍¥2,400 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,400定価(税別)

基本情報

発売日 2001年10月30日
ページ数 260 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764902961
ジャンル 情報
タグ アルゴリズム, 教科書

主要目次

第1章 入門
第2章 定義と例
第3章 道と閉路
第4章 木
第5章 平面性
第6章 グラフの彩色
第7章 有向グラフ
第8章 マッチング,結婚,Mengerの定理
第9章 マトロイド理論

目次をさらに表示する