近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

情報理論基礎から応用まで

著者 中川 聖一

1992年の刊行以来、多くの大学・高専でご採用いただいている『情報理論の基礎と応用』の改訂版の位置づけとなる。本書では、前版の良いところを生かしつつ、現在の学生が学びやすいよう工夫をしてある。

特徴
・ 15 週の講義で,最後まで進みうる分量にした。
・ 演習問題を補充し,解答を加えた(例題53,演習50;合計103 題)。
・ 学生が理解しずらいと思われる箇所に補足説明や図を加えた。
・ 確率統計の基礎内容を1 章の後半に加えた。
・ 各章のはじめに「この章で学ぶこと」,おわりに「本章のまとめ」を加
え,各章の学習目標の要点を明確にした。
・ 文字間,行間の間隔を調整して,読みやすくした。

紙の書籍¥2,500定価(税別)

基本情報

発売日 2010年6月10日
ページ数 252 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764903890
ジャンル 情報
タグ 情報理論, 教科書

主要目次

1.序論
2.情報源のモデル
3.離散情報源の符号化
4.離散的通信路の符号化
5.連続情報源と連続的通信路
6.情報理論の応用

目次をさらに表示する