近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

ソフトウェア工学

著者 岸 知二
著者 野田 夏子

基礎の基礎から形式手法まで、シッカリ学べる!
 本書はソフトウェア工学の全体像をつかむための地図である.著者たちが企業や研究所で経験した「よい設計なくして,よいソフトウェアは望めない」という経験値を先人たちの知見と併せて一冊の書籍としてまとめた.
 大学でソフトウェア工学を学ぶ学生には教科書として,企業で設計に携わる技術者にとっては参考書として活用できるように設計している.
 分からない点や疑問な点を素早く探せるように,索引と傍注をリンクさせてレファレンス性を高めている.さらに傍注にはソフトウェア設計のヒントとなる事項を取り上げピンポイントで解説している.
 今や社会基盤となった情報システムの中核であるソフトウェア工学を,しっかり学ぼうとする初学者やより確かな知識を得ようとしている読者には,まさに座右の書である。

電子書籍¥3,200 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥3,200定価(税別)

基本情報

発売日 2016年8月1日
ページ数 328 ページ ※印刷物
サイズ B5
ISBN 9784764905092
ジャンル 情報
タグ ソフトウェア工学

主要目次

1.ソフトウェア工学の概観
2.ソフトウェアモデリング
3.情報システムとソフトウェア
4.要求定義
5.設計
6.実装
7.検証と妥当性確認
8.開発プロセス
9.保守・進化と再利用
10.モデル駆動工学
11.形式手法
12.プロジェクト管理

目次をさらに表示する