近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

その他

地震動の物理学

著者 纐纈 一起

地震学の第一人者による「地震動」の本格的な解説書
地震動・地震波はともに地震による「揺れ」を表す用語だが,「地震の震源から近い場所の揺れを地震動,離れた場所の揺れを地震波と呼ぶ」(著者).
本書では,主に地震動を解析・計算するための数式や手法を詳しく紹介する.具体的には,震源から地下構造を伝播して各所で「揺れ」として観測される地震動を,震源の効果と伝播の効果に分け,それらの定量的な評価方法(物理)を解説する.

電子書籍¥4,500 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥4,500定価(税別)

基本情報

発売日 2018年12月28日
ページ数 368 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764905443
ジャンル その他
タグ 物理, 地震

主要目次

第1章 地震と地震動
第2章 震源の効果
第3章 伝播の効果
第4章 地震動の観測と処理
付録 マグニチュードの定義・震度の性質ほか

目次をさらに表示する