近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

応用のための積分幾何学図形の測度:道路網・市街地・施設配置

著者 腰塚 武志

都市を数理的に解析する!
本書は、第1部で積分幾何学が初学者にも分かるよう解説。特に合同変換による不変な測度を基礎にした部分を,順を追って説明する。第2部は積分幾何学を使った応用事例として市街地の分析や道路網・施設配置など都市解析に役立つ例を詳述する。「都市」を数理的に解析する研究者には必読の書である。

電子書籍¥3,500 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥3,500定価(税別)

基本情報

発売日 2019年8月1日
ページ数 228 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764905931
ジャンル 数学
タグ 幾何学

主要目次

第1部 理論編
1.積分幾何学の基礎概念
2.直線の集合の測度
3.Croftonの公式
4.Croftonの定理
5.図形の集合の測度
6.Blaschkeによる積分幾何学の主公式
7.格子図形
第2部 応用編
8.道路網と交差点
9.橋の相対的密度
10.市街地の分析
11.都市領域の距離分布
12.開放性の尺度・Croftonの定理1の拡張
13.Croftonの定理2の応用
14.2つの円領域と交わる一様な直線の集合の測度
15.公園等の面的施設配置
16.円周掘削とU 型掘削

目次をさらに表示する