近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

Microsoft Office 2019を使った情報リテラシーの基礎

著者 切田節子
著者 新 聖子
著者 山岡英孝
著者 乙名 健
著者 長山恵子

プロジェクトサイクル(PDCA)を題材に情報リテラシーを学ぶ!
多くの大学・高専で教科書として採用されている、『MicrosoftOfficeを使った情報リテラシーの基礎』シリーズの2019対応版である。2019版と365版との違いについて触れており、また、Windows10 May2019 Updateにも対応し、最新の環境でも学ぶ事ができる。
 本書は、大変好評な2016版のコンセプトを踏襲し、レポートの書き方、発表の仕方、情報分析手順、情報倫理を具体的に解説する。また、新たに学習題材として、地域と共に行うプロジェクトを想定し、今注目されているプロジェクト学習のイメージを初学年次から体験できるように工夫している。また、1章と各章をキーワードでリンクし、情報倫理等を立体的に学べるよう配慮している。
 単に、Officeソフトの使い方を学ぶだけでなく、いかにしたら学習に役立てられるかを考え抜いた教科書であり、大学、高専の学生に最適の書である。

電子書籍¥2,500 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,500定価(税別)

基本情報

発売日 2019年11月30日
ページ数 320 ページ ※印刷物
サイズ B5
ISBN 9784764906013
ジャンル 情報
タグ リテラシー, 教科書

主要目次

1.情報化社会とリテラシー
2.ソフトウェアの基本操作
3.Wordによる文書処理
4. Excelによる表計算とデータベース
5. PowerPointによるプレゼンテーション

目次をさらに表示する