近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

現代数学ゼミナール 第15巻

複素解析学

著者 佐藤 宏樹

大学理工系学生を対象とした教科書または参考書である。
初等関数論は、微分積分学、線形代数学に続いて学習される数学の基礎的分野であり、数学専攻の学生に限らず物理学や工学部の学生においても、重要である。
本書では、微分積分学の知識があれば十分理解できるように、わかりやすい丁寧な解説を心がけた。1~3章までは複素解析学の基礎を、4~6章では等角写像、調和関数、有理型関数の乗積表示を取り上げた。
特に、調和関数、Green関数について詳しく述べることで、本書の特徴を出している。

紙の書籍¥2,800定価(税別)

基本情報

発売日 1991年1月1日
ページ数 200 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764910287
ジャンル 数学
タグ 解析学

主要目次

1. 複素数
2. 正則関数
3. 有理型関数
4. 等角写像
5. 調和関数
6. 有理型関数(続き)
問題略解
あとがき

目次をさらに表示する