近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

スッキリわかる複素関数論

著者 皆本 晃弥

本書は重要なポイントが一目でわかり直感的な理解が出来るように、説明と紙面デザインを工夫した「スッキリ数学シリーズ」の第4弾です。「応用解析」の教科書として複素関数論とフーリエ解析の導入までを単に知識の提供ではなく、その概念がしっかり身につくことを目標とした1冊です。高校の新課程を配慮し複素数の入門から解説。同シリーズの「スッキリわかる微分方程式とベクトル解析」とあわせ理工系学生に必要な応用解析の基礎分野をカバーしました。

電子書籍¥2,800 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,800定価(税別)

基本情報

発売日 2007年10月3日
ページ数 352 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764910508
ジャンル 数学
タグ 教科書

主要目次

第0章 本書のあらすじと読み方
第1章 複素数とその性質
第2章 複素関数
第3章 正則関数
第5章 複素積分
第6章 関数の整級数展開
第7章 留数と実積分への応用
第8章 フーリエ解析

目次をさらに表示する

サポート