近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

はじめての離散数学

著者 小倉 久和

名著誕生!! 読者に自信を持ってお薦めできる!

【本書は、多くの大学で教科書採用を頂いている著者の集大成といえる書である。すでに、刊行前にして多数の大学で来年度の教科書指定をいただいており、読者からの支持の証左ともいえる。
現代の学生気質とそのスキルにマッチするよう次の工夫がされている。
・前提知識 高校数学2Bまで
・演習問題を多数掲載
・演習問題の解答も完全解に近いものを掲載←独習も可能
・12章で各章基本8頁構成←半期でも通年でも利用可能
・見開き2頁で項目をまとめる
・本文記述を簡潔にし、補足的内容は側注に記述
・数式を丸暗記するのではなく、その本質を理解することにより、数式を実際に利用する局面で戸惑わない。

電子書籍¥2,400 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,400定価(税別)

基本情報

発売日 2011年3月10日
ページ数 224 ページ ※印刷物
サイズ B5
ISBN 9784764910546
ジャンル 数学
タグ 離散数学

主要目次

1章 離散集合
2章 論理計算
3章 写像
4章 数え上げと帰納法
5章 数の体系
6章 数の拡張:行列
7章 剰余演算
8章 離散代数
9章 離散関係
10章 離散グラフ
11章 木グラフ
12章 順序の数学

目次をさらに表示する