近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

その他

素敵にサイエンス 研究者編かがやき続ける女性キャリアを目指して

著者 鳥養 映子
著者 横山 広美

理系進路を選択した女性をロールモデルとして紹介する、女性の進路選択のヒントが詰まった1冊!

■進路選択に迷う理系の女子大学生、及び女子中高生に向けた新しい視点
女性が理系に向いていないと決めているのは、実は親や教師などの先入観!この本に登場する女性研究者や技術者は、理系進路を選択し、キャリアを重ね、颯爽とした姿で生活しています。先輩の進路選択のきっかけと今を知ることは、理系ということだけではなく、広く人生を考える上で指針となるでしょう。
■実際に活躍する女性研究者や技術者のキャリアパス
現在活躍中の皆さんも、実は不安や悩みを抱えていたこと、直面したハードルや逆に女性ゆえのメリットなど、実際に活躍されている方に、そのキャリア形成の経緯と現在を語ってもらう中に、性別の先入観にとらわれない進路選択とその可能性を広げるヒントがあります。
■理系進路を選択した女子大学院生の生の声(座談会)
「理系っていいの?」「勉強は大変?」「研究室ってどんなことろ?フレンドリー?」 「オシャレするの?」など、素朴な疑問に答える女子大学院生による座談会も収録。

紙の書籍¥1,500定価(税別)

基本情報

発売日 2008年5月8日
ページ数 200 ページ ※印刷物
サイズ 46
ISBN 9784764950030
ジャンル その他
タグ 大学教育, 中学生向け, 教養

主要目次

まえがき(横山広美)
第一章 今日はどんな新しいことが起こるかしら?(鳥養映子)
 世界中で私しか挑戦しないテーマを拓いていこう(鳥養映子)
 理系に進んで良かった! 宇宙の始まりと科学を伝えること(横山広美)

第二章 輝く太陽の生まれた道 私たちが理系に進んだ瞬間
 一寸法師よりも更に小さな世界の科学(安藤妙子)
 子育て、そして仕事へのカムバック(塩田澄子)
 世界で「いのち」をつなぐ(工藤芳子)
 「2025年、あなたは何をしていますか?」(治部眞里)
 地質学への興味から環境汚染問題へ(田崎和江)
 「わからない」をつきつめて(肥山詠美子)

第三章 理系へようこそ!
 女子大学院生座談会

あとがき 横山広美

目次をさらに表示する

類似書籍