TOP > 公立はこだて未来大学出版会発行
 □ ニュースリリース
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
公立はこだて未来大学出版会発行
 
未来を創る「プロジェクト学習」のデザイン

book

発売日:2018年10月4日
定価:本体2,500円+税

紀伊國屋書店で注文
アマゾンで注文

 

17年間のプロジェクト学習のノウハウがここに!

 本書は、はこだて未来大学で17年間の試行錯誤の中で蓄積してきた、プロジェクト学習実施のためのノウハウやデザイン原則についてまとめたものである。
 第1章では、プロジェクト学習が生まれてきた背景とその意義、根底にある学習理論について解説。第2章では、同大学の事例で、プロジェクト学習の1年間の流れを紹介する。第3章では、同大学のプロジェクトの事例を複数紹介する。他分野の読者でも大変参考になる。第4章と第5章では、実際にプロジェクト学習を始め、運営していく際に必要なノウハウを紹介する。初めに、プロジェクト学習をデザインする際のチーム編成や空間、設備、予算、実施のためのガイドラインを具体的に示し、次に、教員の役割について説明する。第6章では、プロジェクト学習の社会的応用について考える。
 プロジェクト学習にかかわるすべての教育者、必携必読の書である。

 
編著 美馬のゆり
著者 冨永敦子・田柳恵美子
ページ数 196
サイズ B5変型
ISBN 978-4-7649-5555-4

 

     
主要目次

第1章 プロジェクト学習とは何か
 1.1 誕生の背景
 1.2 学習への新しいアプローチ
 1.3 プロジェクト学習の本質
 1.4 さまざまな誤解
 1.5 三方よしのプロジェクト学習

第2章 未来大のプロジェクト学習
 2.1 カリキュラムにおける位置づけ
 2.2 運営体制
 2.3 年間スケジュール
 2.4 21世紀型スキルの育成

第3章 プロジェクト学習実践紹介
 3.1 使ってもらって学ぶフィールド指向システムデザインプロジェクト
 3.2 観光プロジェクト
 3.3 ご当地キャラクターデザインプロジェクト
 3.4 函館発新体験開発プロジェクト
 3.5 医療プロジェクト
 3.6 筋電義手プロジェクト
 3.7 ミライケータイプロジェクト
 3.8 Q&A─初心者の疑問

第4章 プロジェクト学習のデザイン
 4.1 実施規模と編成
 4.2 空間・設備・ICT
 4.3 テーマの設定
 4.4 予算
 4.5 実施のためのガイドライン4
 4.6 導入ガイダンス
 4.7 成績評価と学習ポートフォリオ

第5章 教員の役割
 5.1 チームを作る
 5.2 円滑に進めるために
 5.3 実施にむけて

第6章 社会への応用
 6.1 社会的活動における学習の理論
 6.2 学習する地域を目指して
 6.3 生涯学習社会に向けて
 6.4 大学教育からのスピンオフ事例

トップへ
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.