近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

大学の一般情報教育に関する調査研究、その集大成!
『大学における一般情報教育』発行

2022年2月18日

 インプレスグループで理工学分野の専門書出版事業を手掛ける株式会社近代科学社は、2022年3月4日に、近代科学社Digitalレーベル(※)より、『大学における一般情報教育』(著者:河村 一樹 ほか)を発行いたしました。

(※近代科学社Digitalとは : 近代科学社が著者とプロジェクト方式で協業する、デジタルを駆使したオンデマンド型の出版レーベルです、詳細はこちらもご覧ください https://www.kindaikagaku.co.jp/kdd/scheme/ )

大学における一般情報教育

情報処理学会の一般情報教育委員会メンバーが、大学の一般情報教育について広く認知されることを目的として進めた調査研究活動を書籍化。本書では各大学で実施された情報プレースメントテストシステムの分析結果を解説し、メンバーそれぞれが一般情報教育の在り方について提言しています。
【書名】 大学における一般情報教育
【編著者】 河村 一樹 ほか
【仕様】 B5判・並製・モノクロ・本文170頁
【本体価格】 【印刷版基準価格】:2,200円(税抜)
【電子版基準価格】:1,760円(税抜)
【ISBN】 978-4-7649- 6037-4 C3037

内容紹介

 本書は、情報処理学会の一般情報教育委員会メンバーが、大学の一般情報教育について広く認知されることを目的として進めた調査研究活動を書籍化したものです。
 本書では各大学で実施された情報プレースメントテストシステム(IPTS)の分析結果やオンライン授業でのIPTS活用、ITリテラシー習得に関する分析を解説し、メンバーそれぞれが一般情報教育の在り方について提言しています。

著者紹介

第1章 河村 一樹(かわむら かずき) 東京国際大学商学部教授
第2章 稲垣 知宏(いながき ともひろ) 広島大学情報メディア教育研究センター教授
第3章 高橋 尚子(たかはし なおこ) 國學院大學経済学部教授
第4章 中鉢 直宏(ちゅうばち なおひろ) 高崎商科大学商学部講師
第5章 徳野 淳子(とくの じゅんこ) 福井県立大学学術教養センター准教授
第6章 立田 ルミ(たつた るみ) 獨協大学経済学部非常勤講師
第6章 李 凱(り がい) 獨協大学経済学部経営学科准教授
第6章 堀江 郁美(ほりえ いくみ) 獨協大学経済学部教授
第7章 山際 基(やまぎわ もとい) 山梨大学大学院総合研究部教育学域准教授
第8章 小泉 力一(こいずみ りきいち) 環太平洋大学次世代教育学部教授/次世代情報センター・センター長
第9章 庄 ゆかり(しょう ゆかり) 広島文教大学教育学部准教授
第9章 和上 順子(わがみ じゅんこ) 広島文教大学人間科学部グローバルコミュニケーション学科講師

 

目次


第1章 これまでの科研費の活動
1.1 コンピュータサイエンスと一般情報教育
1.2 前々回の科研費における調査研究活動
1.3 前回の科研費における調査研究活動
1.4 【補記】今回の科研費について

第2章 一般情報教育知識空間の構築と探索
2.1 一般情報教育知識空間の構築と探索
2.2 一般情報教育の知識体系と知識空間
2.3 一般情報教育知識空間の探索
2.4 情報プレースメントテストの分析
2.5 情報プレースメントテストの改訂
2.6 一般情報教育の今後に向けて

第3章 一般情報教育の教科書の検討と制作について
3.1 教科書の検討
3.2 教科書の制作工程
3.3 教科書の内容と特徴
3.4 教科書に関する活動

第4章 2020年度情報プレースメントテスト実施大学の結果分析
4.1 IPT の実施方法
4.2 集計データを分析するにあたって
4.3 問題領域の出題数
4.4 試験実施グループに関するデータ
4.5 領域ごとの分析
4.6 領域ごとの正答率
4.7 まとめ

第5章 大学新入生の情報に関する知識・スキルの習得状況と一般情報教育の検討
5.1 はじめに
5.2 IPT 実施概要
5.3 IPTS アンケートの分析結果
5.4 IPTS テストの分析結果
5.5 一般情報教育の将来構想に関する一考察
5.6 おわりに

第6章 オンライン授業における情報プレースメントテストの活用
6.1 オンライン授業を支えるための組織
6.2 獨協大学における情報プレースメントテストの実施結果
6.3 コロナ禍における獨協大学経済学部の遠隔授業に関する取り組みについて

第7章 教員養成課程における情報教育の現状と一般情報教育の検討
7.1 はじめに
7.2 教員養成課程の現状
7.3 教員養成課程における一般情報教育調査
7.4 教員養成課程における一般情報教育

第8章 高校情報科の課題と大学情報教育の在り方
8.1 わが国の情報教育の歴史
8.2 中学高校における情報教育の実情と課題
8.3 大学における情報教育の在り方

第9章 一般情報教育と学士課程教育の融合
9.1 情報教育の目標
9.2 広島文教大学における情報環境と情報教育のカリキュラム
9.3 広島文教大学での情報プレースメント実施結果
9.4 学士課程教育における一般情報教育

【近代科学社Digital】

近代科学社Digitalは、株式会社近代科学社が推進する21世紀型の理工系出版レーベルです。デジタルパワーを積極活用することで、オンデマンド型のスピーディで持続可能な出版モデルを提案します。

【株式会社 近代科学社】

株式会社近代科学社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚浩昭)は、1959年創立。
数学・数理科学・情報科学・情報工学を基軸とする学術専門書や、理工学系の大学向け教科書等、理工学専門分野を広くカバーする出版事業を展開しています。自然科学の基礎的な知識に留まらず、その高度な活用が要求される現代のニーズに応えるべく、古典から最新の学際分野まで幅広く扱っています。また、主要学会・協会や著名研究機関と連携し、世界標準となる学問レベルを追求しています。

【インプレスグループ】

株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。
「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【お問い合わせ先】
株式会社近代科学社
TEL : 03-6837-4828
電子メール: kdd-qa@kindaikagaku.co.jp