近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

ISMシリーズ:進化する統計数理 第2巻

フィールドデータによる統計モデリングとAIC

著者 島谷 健一郎
編集 樋口 知之
編集 中野 純司
編集 丸山 宏

 本書は大変好評を得ている『ISMシリーズ』の第2巻である.
 著者が実際の現場で集めたフィールドデータを材料にして,現場視点と統計モデリング視点とで複眼的に考察し,赤池情報量規準素直にデータを見ることによってフィールドワークだけでは得られない発見を得ることが出来ることを詳説している.
 数理を得意としないフィールドワーカーと,フィールド経験が少なくフィールドデータに馴染みの薄い数理系の読者を対象に,赤池情報量規準AICとそれを用いたモデル評価という統計数学についての異色の入門書である.

電子書籍¥3,700 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥3,700定価(税別)

基本情報

発売日 2012年8月29日
ページ数 232 ページ ※印刷物
サイズ B5 変形
ISBN 9784764904286
ジャンル 数学
タグ バイオ統計

主要目次

1 統計モデルによる定量化とAICによるモデルの評価―どのくらい大きくなると花が咲くか/2 最小2 乗法と最尤法,回帰モデル―樹木の成長パターンとその多様性/3 モデリングによる定性的分類と定量的評価―ペンギンの泳ぎ方のいろいろ/4 AICの導出―どうして対数尤度からパラメータ数を引くのか/5 実験計画法と分散分析モデル―ブナ林を再生する/6 データを無駄にしないモデリング―動物の再捕獲失敗は有益な情報/7 空間データの点過程モデル―樹木の分布と種子の散布/8 データの特性を映す確率分布―飛ぶ鳥の気持ちを知りたい/9 ベイズ統計への序章―もっと自由にモデリングしたい

目次をさらに表示する

類似書籍