近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

ISMシリーズ:進化する統計数理 第5巻

極値統計学

著者 髙橋 倫也
著者 志村 隆彰

ものを正当に怖がるための道具 極値統計学
 極値統計学とは、豪雨、強風などの極端な自然現象や、ファイナンスなどでリスク評価のために応用される統計手法である。一般に統計学では母集団の中心に対する推測を行う。しかし極値統計学は、極端な現象、すなわち、母集団分布の端(裾)に対する推測を行う。そこには、上述したような極端な現象が存在し、リスク対応やピークの世界―自然災害、ファイナンス、保険、情報通信、生物学、スポーツ-で求められ、活用されている。
 本書は導入から書かれており、また、演習問題はRを活用して、具体的に理解出来るよう工夫してある。極値統計学を学ぼうとする学生や実務家には、必携の書である。

電子書籍¥4,200 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥4,200定価(税別)

基本情報

発売日 2016年9月1日
ページ数 280 ページ ※印刷物
サイズ B5 変形
ISBN 9784764905153
ジャンル 数学
タグ 統計

主要目次

1 極値統計学へのいざない
2 極値理論
3 極値モデルと推測
4 非定常極値モデルと推測
5 極値データ解析
6 トピックス:正則変動関数,極値指数の推定,ベイズ法
A 付録
B 参考書,論文集と雑誌
C 問への解答・ヒント

目次をさらに表示する

サポート

類似書籍