近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

工学

電気回路入門

著者 大豆生田 利章

電気回路の知識の修得は電気工学および電子工学においては必須で、大学や高等専門学校の電気電子関係の学科では、低学年から電気回路に関する講義が設置されています。
 教科書として使用される書籍の多くは、微積分に関する知識を必要としますが、本書は、数学の知識が不十分、特に微積分に関しては学習を行っていない読者も対象とし、電気回路に関する諸事項のうち微積分の知識を必要としないものを修得できるように執筆されています。また、例題と解答を多数掲載し、丁寧な解説を行っています。

電子書籍¥2,560 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥3,200小売希望価格(税別)

基本情報

発売日 2019年9月27日
ページ数 278 ページ ※印刷物
サイズ B5
ISBN 9784764960046
ジャンル 工学
タグ 近代科学社Digital, 電子工学, 教科書

主要目次

第0章 電気回路の基本概念
第1章 直流回路
第2章 直流回路網
第3章 正弦波交流とフェーザ
第4章 交流回路
第5章 交流電力
第6章 回路方程式
第7章 周波数特性と共振
第8章 電気回路の諸定理
第9章 変成器
第10章 二端子対網
第11章 フィルタ(影像パラメータ法)
第12章 三相交流回路

付録
付録A 物理量と記号と単位
付録B 電気回路に関係する数学
付録C 有効数字を考慮した計算について
付録D ブリッジの平衡条件の詳細
付録E 鳳–テブナンの定理の証明
付録F 微積分を用いた基本素子の電圧・電流の関係の導出
付録G 正弦波交流の和とフェーザの和の関係
付録H 対数目盛と対数グラフ
付録I 二端子対網に関する補足
付録J 定K形フィルタの実際の周波数特性
付録K Y–Δ変換

目次をさらに表示する