TOP > 情報工学
 □ ニュースリリース
 
【重要】
電子書籍無料ダウンロードを装った
違法サイトにご注意ください!
コミュニケーション・
情報リテラシー
工学一般
情報工学
電子工学
数学
物理学
ビジネス・経済
建築・都市計画
科学一般
公立はこだて未来大学出版会
発行
ナノオプト発行
弊社の書籍はお近くの書店・大学生協でお求めいただけます。店頭にない場合はお店からお取り寄せもできます。また、インターネットでもご購入いただけますので各販売サイトをご覧ください。
  サポート
   正誤表、授業用の教材などが
   あります
  地図(インプレスグループ)
   Google Map


株式会社 近代科学社

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-7-15
TEL : 03-3260-6161
FAX : 03-3260-6059

 
情報工学
 
ベストセラー!待望の改訂
効果的プログラム開発技法 第5版

book

発売日:2009.06.24
定価:本体2,800円+税

アマゾンで注文

 

好評を博したシステム開発技法の指南書、待望の改訂!
時代に合わせてアジャイルモデルや最新テスト技法を追加
多様化が加速する開発環境に惑わされないための1冊!

□システム開発の本質を見失わないために必要な知識とノウハウ1979年に初版を発行してから30年。時代と状況に合わせて改訂を重ねて使われ続けてきたシステム開発技法解説書の第5版。
どんなことにも情報システムが欠かせない現代では、その開発環境も多様化し日々刻々と進化をしています。しかし、どんなに環境が多様化し進化をしても、システム開発の本質は不変。どんな環境で、誰が開発をしようとも、ユーザーの真のニーズをしっかりと把握し、それをシステム要件に反映すること、ユーザーの使い勝手の良いシステムを設計・開発することがシステム開発の原点です。
そのような視点と、システム開発技法の歴史、著者の経験と研究を土台にして、現代のシステム開発に必要で、開発者はもちろん、開発されたシステムを利用するユーザーにまでメリットをもたらす技法を余すことなく解説する、プロジェクトマネージャーや現場の開発者必携のバイブル。

 
著者 國友 義久
ページ数 280
サイズ A5
ISBN 978-4-7649-0373-9
     
主要目次

1 情報システム開発の現状と問題点
 1.1 情報システム開発の過去の経緯
 1.2 情報システム開発の現状
 1.3 情報システム開発の問題点

2 情報システム開発工程
 2.1 ウォータフォールモデル
 2.2 プロトタイプモデル
 2.3 スパイラルモデル
 2.4 アジャイルモデル

3 構造化分析
 3.1 システム要件定義時の問題点
 3.2 構造化分析の必要性
 3.3 構造化分析の手順
 3.4 機能の階層化
 3.5 システム要件把握の実施例

4 データフローダイアグラム(DFD)
 4.1 データフローダイアグラムの意義
 4.2 DFDの構成要素と規約
 4.3 DFDの適用
 4.4 DFD関連文書

5 エンティティリレーションシップダイアグラム(ER図)
 5.1 データモデルの意義
 5.2 エンティティの概念とエンティティ間の関連性
 5.3 ER図の描き方
 5.4 データモデルの作成(ER分析)

6 オブジェクト指向開発
 6.1 オブジェクト指向開発の概要
 6.2 オブジェクトの概念
 6.3 オブジェクト指向のアプローチによるシステム分析
 6.4 オブジェクト指向アプローチによるシステム設計
 6.5 オブジェクト指向アプローチによるプログラムの実装
 6.6 オブジェクト指向開発の進展

7 構造化設計
 7.1 システム設計における問題点
 7.2 「良い設計」の概念
 7.3 業務機能の設計

8 複合設計
 8.1 プログラムの構造化設計
 8.2 複合設計
 8.3 複合設計の手順
 8.4 複合設計の結果に対するレビュー

9 画面設計
 9.1 画面設計の手順
 9.2 効果的な画面設計
 9.3 イベントドリブンプログラム

10 データ正規化
 10.1 データ正規化の意義
 10.2 データ正規化の手順
 10.3 データ正規化の例
 
11 構造化プログラミング
 11.1 モジュールの外部設計
 11.2 モジュールの論理設計
 11.3 構造化プログラミング
 11.4 Java言語による構造化プログラミング
 11.5 デシジョンテーブル

12 トップダウンテストとボトムアップテスト
 12.1 コンピュータによるテストの計画と準備
 12.2 コンピュータによるテスト手順
 12.3 統合テスト

13 テストケースの設計
 13.1 ホワイトボックステスト
 13.2 ブラックボックステスト

14 ウォークスルーとインスペクション
 14.1 ウォークスルー/インスペクションの必要性
 14.2 ウォークスルー/インスペクションの概念
 14.3 ウォークスルー/インスペクションの進め方

参考文献および引用文献
索引

トップへ
 
本サイトのご利用についてお問合せプライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2016 Kindai kagaku sha Co.,Ltd, an Impress Group company. All rights reserved.