近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

情報

一般教養としての人工知能入門

著者 上野晴樹

人工知能(AI)の第3次ブームが来ていると言われて久しいが、ディープラーニングを中心とした機械学習による本格的な社会実装が始まっているのが大きな特徴でもある。
2021年度より文・理の区別なく大学初学年からAIに関する教育が実施されることが文科省で決まり、AI技術は本格的な過渡期に突入しようとしている。
そこで本書では、文系学生を含めた様々な分野の読者に必須の教科書とするべく、AIの基礎から応用までを体系的に、ほぼ数式なしで解説した。
AIと社会とのつながりやAIの限界などについても、これまでの研究の歴史を踏まえて紹介している。

電子書籍¥2,100 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,100定価(税別)

基本情報

発売日 2022年1月28日
ページ数 208 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764906389
ジャンル 情報
タグ 教養, 人工知能, 教科書

主要目次

第1章 AI(人工知能)とその周辺
第2章 認知科学とAI
第3章 学習と言語とAI
第4章 AI(人工知能)とは
第5章 AI技術の基礎
第6章 社会とAI

目次をさらに表示する

類似書籍