近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

工学

人間中心設計イントロダクション

著者 郷 健太郎

人間中心設計:HCDがモノづくりの最適解を導き出す!

 本書は人間中心設計(human-centered design, HCD)を学ぶ主に工学部系の学生に向けた教科書・解説書。
 HCDは、製品の良し悪しを左右する「ユーザとモノとのインタラクション」を効率的に最適化するための手段であり、特にコンピュータ製品の開発に不可欠な概念となりつつある。
 本書前半ではHCDの概要を押さえるとともに、最終的な製品、それを使うユーザ、使いやすさの基準等を解説。後半では調査や評価など、製品開発の場面で具体的にHCDを実践していくための方法を詳述している。
 モノづくりに関わる実務者にも役立つ一冊。

電子書籍¥2,800 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥2,800定価(税別)

基本情報

発売日 2022年3月3日
ページ数 216 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764906396
ジャンル 工学
タグ 人間中心設計, 工学デザイン

主要目次

1.人間中心設計の考え方
2.インタラクションの対象
3.インタラクションのスタイル
4.人間のインタフェース特性
5.人間の認知特性
6.ユーザビリティ
7.人間中心設計
8.利用状況の理解および明示:アプローチ
9.利用状況の理解および明示:調査の実践
10.ユーザ要求事項の明示
11.設計解の作成:アプローチ
12.設計解の作成:デザインの実践
13.設計の評価:実験的評価
14.設計の評価:分析的評価
15.発展的なトピック

目次をさらに表示する

類似書籍