近代科学社

書籍検索
ジャンル選択

数学

バイオ統計シリーズ 第6巻

ゲノム創薬のためのバイオ統計遺伝子情報解析の基礎と臨床応用

著者 舘田 英典
著者 服部 聡

第9回 日本統計学会出版賞 受賞!
バイオ統計学が対象とする「臨床」「環境」「ゲノム」の分野ごとに具体的なデータを中心にすえて、確率的推論、データ収集の計画、データ解析の基礎と方法を明快に分かりやすく述べた、わが国初めてのバイオ統計学テキストシリーズである。

本書は、医学や医療に志す学生のテキストとして使用できるように、高等学校「数学1」・「数学2」程度の数学的バックグラウンドの読者に理解できるよう配慮してある。また、久留米大学、九州大学、東京理科大学医薬統計コースで行った講義ノートをベースにしており、具体的な医療事例を使って、統計を理解できるようになっている。
内容はゲノム創薬のためのバイオ統計|遺伝子情報解析の基礎と臨床応用ゲノムサイエンスの基礎、および遺伝子情報の臨床利用に関わるバイオ統計学として遺伝子マーカー解析を解説する。

電子書籍¥3,600 小売希望価格(税別)

紙の書籍¥3,600定価(税別)

基本情報

発売日 2010年6月24日
ページ数 232 ページ ※印刷物
サイズ A5
ISBN 9784764903913
ジャンル 数学
タグ バイオ統計

主要目次

第1章 メンデルの遺伝法則
第2章 DNAの構造と複製
第3章 遺伝子の発現
第4章 古典遺伝学
第5章 遺伝的変異
第6章 遺伝子頻度の変化要因
第7章 複数遺伝子座の取り扱い
第8章 分子進化
第9章 バイオマーカー間の関連と予後への影響の評価
第10章 薬剤感受性を規定するバイオマーカーの探索

目次をさらに表示する

類似書籍